2018年11月06日

待望のアニメ化で~す!!

ジャンプSQ.(集英社)にて連載中の 『この音とまれ!』  

2019年4月放送開始ということで(7/26に発表)
先日、メインキャラクターを務めるキャストも発表されました!


いよいよですねik_83 アニメ化を待ってた方、多いんじゃないかな。


私も小学校など体験活動のなかで、時折、ご紹介していましたが、

今回、伝統文化親子教室でも(^^ゞ






公式サイト
http://www.konooto-anime.jp/

公式PV、あらずじ、キャラクター紹介
https://jumpsq.shueisha.co.jp/rensai/konoototomare/




和楽器に全く関心のない若い世代の方や世の男性方(ジャンプSQ.ですから~)
特に知っていただきたいかな。


主役は男の子ですよicon06 ぜひ、ぜひik_20



ストーリーももちろんですが、演奏や曲を聴けるのがとても楽しみです。





作中オリジナル楽曲のうちの一曲 『龍星群』 です。

https://youtu.be/Y_Db88Ef6FQ





  

2018年10月15日

感動の再会☆伝統文化親子教室

3年前、教室の体験に来てくれた女の子が、伝統文化親子教室に参加してくれました!



その時の記事 → http://yurururira.ikora.tv/e1163760.html


ずいぶんお姉さんになった彼女と再会できて、とても嬉しかったですicon14







和の大好きな子どもたちって、少ないですが存在するんですよねik_83

その感性icon12を大事に育てていく!私たちのやるべきことだと思っています。ik_48





  

2018年09月21日

ご縁の輪☆

一昨年和歌山市内7校の小学校で実施した
<子どものための伝統音楽の鑑賞と和楽器の体験>


前記事で当時を懐かしく思い出していたら~ik_48偶然にも!  
 
そんなことってあるんだぁface08


一昨夕、2年前の10月に行かせていただいた某小学校の音楽の先生から、
ゆるりらの事務局にお電話があったそうなicon14

(それとは別に、昨日は某小学校の校長先生からも大変嬉しいお電話を頂戴したり!)



なんだかとても明るい気持ちになりましたface05



別の用件だったんですが、
今月、来月とお箏の授業をしてくださると聞いて嬉しい限りです。ありがたいです<(_ _)>


私たちが4年間、子どもセンターの土曜教室で行かせていただいた小学校に、今年転任して来られたようです。


たまたまですが、うちのご近所。
二人の孫ちゃんの小学校です。(今は弟のほうだけになりましたが)




https://youtu.be/Qywg_Rq0_WM


こちらの小学校では、ありがたいことに、
子どもセンターの土曜教室には音楽の先生が毎年参加してくださっていました!


2014年は、お箏は初めてik_56というの若い講師の先生。
授業でお箏をやりたいということだったので、楽器をお貸ししました。

2015年からは、以前からお箏にとても理解のある先生で、
授業の他にも学年集会でアンサンブルにお箏を入れてくださったり...




そして、お電話くださった先生は、以前お箏の研究授業に取り組み、論文まで書かれている先生で、
4年生からお箏の授業をしてくださるそうです。




とても恵まれた小学校ですよね!








行かせていただいた他の小学校の子どもたちからも授業でお箏やってるよ~!なんて声をききます。
それまで全くお箏に触れたことがなかった先生も新たに取り組んでくださっていると知って感激していますicon12




もっともっと広がりますように!そうしたら、私は引退だなface02icon10




  

Posted by yururira at 22:50動画♪体験活動

2018年09月19日

「テレビでしかきいたことがない・・・」

この曲は、小学5年生の音楽の鑑賞の教材になっています。


演奏の前に、《 春の海 》 という曲、知っていますか~ik_19の質問に手を挙げた人は0人face08
演奏の後、聞いたことがあった人~ik_19の質問にはたくさんの人が手を挙げてくれました。


海外のクラシックのほうが知っていたりicon10
日本を代表する名曲ですから、是非とも、曲名と作曲者名を知っておいてほしいと思います。




以下、2年前のFBの記事です。原文に少し 解説 を入れてみましたface02




https://youtu.be/4a-XB4d6jl4  限定公開 → 公開 に替えました。



後ろのスクリーンに映っているのが 鞆の浦
瀬戸内海は小さな島、大きな島がたくさんあって、波は穏やかでほんとうにのどかな風景です。

ジブリの 「崖の上のポニョ」 の舞台になったところでもあります。 




子どもたちは 《 春の海 》 という曲の名前を覚えてくれました。
曲を聞いたことがあっても曲名までは知らないという人が多いと思います。
お正月の曲と思っている人が多いみたい


この曲は福山市鞆ノ浦をイメージして作ったといわれています。


ちなみに福山市は私の出身地なんですが、
福山在住の頃、鞆の浦は沼隈郡だとずっと思っていました^^;


ここだけの話、じつは私、鞆の浦に行ったことがない。
あっ!でも、見下ろしたことはありますよ(^^ゞ グリーンラインというドライブコースから。


春ののどかな瀬戸内海の情景を表した曲で、A-B-A´の三部形式でできています。


本当は一曲を通して、
AとBの対比、箏と尺八のかけあい(対話)なども感じ取ってほしいところですが>_<
時間の都合でAの部分だけを演奏しました。 (一番馴染みのある部分だと思います)




六年生の男の子から
「テレビでしかきいたことがない春の海を生できけてうれしかった」
という感想をもらって、私たちもとても嬉しく思っています(*^^*)


ほんとに嬉しかったです。
何でもいいから、それぞれが何かを感じてくれたら~♡








もう2年も経つんですね!
FBから過去の思い出のお知らせがきて、すごく懐かしい気持ちになりましたik_48


今度は、全曲演奏する機会がありそうです♪





  

Posted by yururira at 12:53曲のあれこれ動画♪体験活動

2018年09月16日

「箏」という漢字

小学5年生の音楽の教科書には こと
中学校の音楽の教科書には


「箏」 という漢字が使われていたことに感激したicon12私です(^^ゞ





「箏」 という漢字、書けますか~ik_19その前に読めない方もいらっしゃるかもicon10




  音読み ソウ・ショウ  訓読み こと



 ↓ のURLから、アニメーション✔をクリックすると正しい筆順がわかります。

https://kakijun.jp/page/koto14200.html






1946年、

日常使用する難しい漢字を制限するために1,850字からなる当用漢字表が制定され、
「箏」 など多くの漢字が教科書や公文書や新聞から姿を消したそうなんです。


その際、 の代替文字になったことから、ややこしくなりましたicon10




「琴」 と 「箏」  どちらも 「こと」 と読みますが違う楽器なんですicon10




~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~




(きん)


中国の古い伝統楽器。七弦琴(しちげんきん) のこと。
3000年の歴史がある撥弦楽器で、7本の弦を持つ。琴柱がないのが特徴で、
胴の表面に付けられた13個の勘所を目印に、左手で絃を押さえ、右手で弾く。





日本へは奈良時代に伝来したが、平安時代末期には廃れた。当時の楽器が正倉院に残されている。
その後、江戸時代に入って1677年に日本に帰化した明の僧心越(しんえつ)が琴楽を再興し、
武家や知識層にかなり広まったが、明治時代に急速に衰え、現在では消滅同然となっている。

―日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より―


長さは約120㎝


奏法が難しく、広まらなかったみたいです。





(そう)


中国の箏が13弦であった「唐」の時代(日本の奈良時代)に大陸から渡ってきたものが、基本になっていると言われている。
日本で最も標準的な13本の絃の箏。 日本で「おこと」と言えば、この楽器をさす





現在の長さ約180㎝




~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~




「琴」 と 「箏」  一番大きな違いは、柱(じ)とよばれる、可動式のブリッジがあるかないか。


柱(じ)がないのが (きん)   柱(じ)があるのは (そう)   




「琴」 が 「箏」の代替文字として使われてきたため、どちらの漢字を使っても間違いとはいえない
このことが余計にややこしくさせてるような気がしますicon10



「琴」 は中学校の教育漢字に含まれていますが、
JIS第2水準に含まれる 「箏」 はほとんど学ぶ機会がないんじゃないかな。

常用漢字に入れてほしいですよね!



ただ、最近の日本語変換ソフトは 「こと」 と入力して 「箏」 に変換されますので、
パソコン、スマホ、携帯電話でぜひお試しください。




私自身、上手く書けなくてicon10
主人に小学生のほうが上手やぞ!と言われたことがあります(~_~;)

子どもたちの中には、感想にわざわざ漢字の 「箏」 を書いてくれる子もあるんですが、
資料を見ただけで正しく書けていてびっくりしますface08




小学校の体験学習では、奏法以外、ほぼ中学校の器楽の教科書の内容を説明しています。
「琴」 と 「箏」 の違い については、中学校の器楽の教科書にも説明がありました。



このように漢字一文字であっても、(知らなくてもいいことかもしれないですが)
知らないよりも知っていることが一つでも多いほうが、豊かな人生になるにちがいない!



ですよねface05




  

Posted by yururira at 10:45体験活動

2018年09月01日

いろんな文化体験ができますよ~♪

いよいよ今月です!けんぶん DE 体験教室


箏(こと)・尺八体験教室は、
ただ今、①②とも3名ずつのご予約をいただいているそうです。


少人数のほうがじっくりと体験していただけるのですが、
せっかくの機会なので、再度、ご案内させていただきますik_48


楽器に触れてみたい方はこの機会にいかがでしょうik_19


目的は一人でも多くの方に触れていただき、和楽器への関心を高めていただくこと!
習う習わないを気にせず、体験していただけます。


私たちの行くところはどこでもストレスフリーの雰囲気です(^^ゞ

ぶらっとお立ち寄りいただければと思います。お待ちしておりますface05




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



わかやま文化体験教室
けんぶん DE 体験教室


箏(こと)・尺八体験教室☆受講者募集!


日時 : 2018・9.30(日) ①13:00~ ②14:00~ 各40分
場所 : 和歌山県民文化会館 会議室
対象年齢 : 7歳~
参加費用 : 無料
募集人数 : 各10名 

※事前予約のみです! お早目にお申し込みください。



・触れてみるだけでなく、じっくりと体験してみたい方
・箏や尺八を習ってみたい方(体験レッスンとして)

いかかでしょうか。

もちろん、触れてみたいだけの方もお気軽にどうぞ!












いろんな文化体験ができますよ~♪





ik_14お申込み先ik_14

〒640-8269 和歌山市小松原通1-1
和歌山県民文化会館内 けんぶん DE 体験教室係

電話 : 073ー436-1331/Fax : 073-436-1335/メール : wacaf@wacaf.or.jp

氏名・住所・性別・ 性別・年齢・希望教室・希望時間 をご連絡ください。

※教室は複数受講可能。定員になり次第締め切ります。





箏・尺八デュオゆるりら Facebookページhttp://www.facebook.com/yurururira




  


Posted by yururira at 10:19体験活動

2018年08月29日

グローバル人材の育成いいですね♡♡

先日、相方様からいただいた資料なんですが、
これは、和歌山県教育委員会の資料だと思います。


和歌山県では、2015年から英語教諭に4年間に1度、TOEICを受検させるほか、
受検前に研修も4日間(計14時間)受けさせることに決まったそうで、

全国的にも珍しいことだったので、当時ニュースになりました。


リーディング、リスニングのみ、マークシート方式のTOEICでいいのかなicon10
先生方には、ライティング、スピーキングも必要じゃないかな~なんて気もしますが。



どちらにしても税金が使われるのですから、先生方にはがんばっていただかなくては!




「我が国や郷土の伝統や文化を深く理解し、その継承・発展に努め、世界に発信する・・・」

ここ ↓ にも記述されています。英語科の学習指導要領にも同じようなことが明記されています。








英語については...息子が関わっているので私もすごく関心があるんですik_83



ちょうど一年前の今日、息子が留学から帰ってきました。

3回目の留学は語学留学ではなく、
イギリスの大学院で一年間、英語教授法(TESOL)を学んできました。

※ TESOL とは
Teaching English to Speakers of Other Languages
の略で、英語を教えるための資格のひとつだそうです。

選んだのは Computer Assisted Language Learning を勉強できる大学‼︎


昨秋、無事に修士号をいただくことができました<(_ _)> TESOL の資格も取得しました。







イギリスの大学院は一年間なので、勉強することがたくさんあって大変そうでしたが
その間に、英検の勉強もしていたようで、

(一級の単語数は12000~15000語といいますから、気が遠くなりますicon10

ロンドン会場で受検すると聞いたときは、夢のまた夢icon12だと思っていた英検一級も
無事に取得することができました。







高校生の時だったかな?
「小さいころオレに英語やらせてなんか意味あった??」 なんて言ったんですface07


突然、英語に目覚めたのは、大学生の時。

大学を一年休学してロンドンに語学留学しましたが、それではもの足らず、
本当はイギリスの大学に行かせてほしかったんです。

社会人になっても、その夢を諦めることなく、(親の反対にめげずというかicon10
最終的に大学から大学院に志望を替えたものの、最後まで貫きました。



一昨年7月中旬に渡欧してから目的地に着くまで
飛行機ではなくてバスと電車とフェリーでの大移動icon10大冒険でした!


約一か月半セルビアに滞在。

8月31日 ベルグラード~ブダペスト
9月1日 ブダペスト~ウィーン
9月2日 ウィーン~ミュンヘン
9月3日 ミュンヘン~フランクフルト
9月4日 フランクフルト~パリ
9月5日 パリ~ロンドン


親としてはハラハラしましたが、本人にとってはすごい経験だったと思います。


挫折や失敗や苦労も・・・すべての経験が貴重な財産icon12 身をもって感じています。


これからの若者は、海外の人と接する機会はもっともっと増えるはず!
英語を話せると世界が広がりますねface05


そのためにはいろんな勉強が必要です。自国の伝統や文化を学ぶこともそのひとつです。



実際に聞いた話ですが、

ホームステイ先の娘さんが学校(のクラブかな?)でお箏をやっているらしく、
(もちろん海外の学校ですよ!)お宅にお箏があったんですってface08
しかし、ホームステイさせてもらう日本人の彼女はお箏を経験したことがなく、
とても恥ずかしい思いをしたんだとかicon10そんなことも起こりうる時代なんですね(~_~;)



グローバル人材の育成、私たちもお力になれれば!


和歌山の英語教育のためにik_48という志をもつ息子も

海外留学、IELTS(アイエルツ)対策、英検指導など、(TESOL 資格を有する人和歌山では少ないですし)
学んだことや経験を活かして今度は育てるほうに!! ダメ母の願いでもあります(^^ゞ




  

Posted by yururira at 23:59体験活動

2018年08月24日

手塩にかける☆

私事で恐縮ですが、


先日、孫(弟のほう)のサッカーチームがフットサルの大会で日本一になりました。

和歌山市在住ですが、大阪のサッカーチームに所属しています。
和歌山のチームでないのがちょっと残念>_<


今回は、サッカー⚽ではなくフットサル⚽ 初出場で初優勝の快挙ですik_20








関心のある方は、こちらをご覧くださいね~(^^)/ 30番那月です(^^ゞ



https://youtu.be/QHejm5FLR68


試合の様子 
http://www.jfa.jp/match/vermontcup2018/news/00018517/?fb_fs_20180820
https://f-sal.com/watch/2944/

インタビュー 
https://f-sal.com/watch/2993/
https://jr-soccer.jp/2018/08/21/post99322/



勝敗やプレーだけでなく、いろいろなことを学ばせてもらってるんだなicon14と感じました。
私が知っている孫とは全然違っていてびっくりです(笑)

素晴らしい仲間や指導者や機会に恵まれて、今回も素晴らしい経験をさせていただきましたicon12



これまでにもフジパンCUPやダノンネーションCUPなど・・・いろんな大きな試合にでていましたが、
今回はバーモンドCUPということで、ハウス食品さまの協賛。


日本代表のキリンCUPというのは知っていましたが、


子どもたちの健全で豊かな成長や育成のために、
企業さまからこのようなご協力をいただいているなんて、今まで考えたことなかったです。


JFA(日本サッカー協会)というしかっりした組織があるからこそなのでしょうが、


子どもたちの育成に携わっている人たちの力だけではとてもできないことで、
ほんとうにありがたいことだと思いました<(_ _)>





音楽や芸術でも同じことがいえますよね。


とくに、伝統文化となるとご支援いただけるところは少なく、
学校の多くはボランティアを求め(待ちの姿勢)、やる側の負担が大きいのが現状icon11


だから、文化庁の補助事業はとても価値があるものだと思います。


その一つに、伝統芸能 音楽 文学 演劇 大衆芸能 美術 などの芸術家を派遣する事業があるのですが、
(伝統芸能として箏も多くの学校で実施されています)

学校としてどんどん応募して活用すべきではないかと。



こちらは近畿の実施校の数です。参考まで。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成30年度

大阪 91
兵庫 82
京都 39
奈良 20
三重 23
滋賀 28
和歌山  

※私立開智高等学校 、私立開智中学校 、和歌山県立和歌山高等学校


平成29年度

大阪 74
兵庫 78
京都 25
奈良 23
三重 31
滋賀 21
和歌山  

※和歌山県立和歌山高等学校 、 有田川町立八幡小学校 、有田川町立八幡中学校 、和歌山市立宮前小学校
※和歌山市ただ一つの小学校、宮前小は 落語 だそうです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この数字が物語っていることface07わかりますよねicon10


手続きなどたしかにお手間だとは思うんです。
お忙しいのはよ~くわかるけど、子どもは手塩にかけて育てるもの!
そこを何とかお願いしたいです。様々な分野の専門家を呼べます。


そして、前記事でも言いましたが、和楽器については
数ある伝統文化の中でも教育に取り入れる必要があるということで中学校では必須になっています。
授業に取り入れていただけますよう是非とも音楽の先生にお願いしたいですik_75



こちら側にも問題はありますicon10
いつまでも流派だの会派だの社中だの言ってる場合ではないです。皆が一丸となって取り組まねば!



スポーツや音楽、芸術を通して、
豊かな感性や生き抜く力や夢や志を持てる子どもを育くんでいくのは私たち大人の役目ではないでしょうか。


目先の利益を求めてカジノなど作るよりよほど意味のあることだと個人的には思うのですがik_85




  

Posted by yururira at 14:31体験活動

2018年08月13日

子どもたちのためにできること。

市内の中学校に通う 中2の孫 に借りました!器楽の教科書です。


表紙を見た瞬間face08 箏(こと)・尺八も仲間に入れてもらえて嬉しかったですik_83





皆様にもぜひお見せしたい内容なのですが~~著作権の関係で諦めます>_<


和楽器を代表する箏はページ数も多く9(8+1)ページ。
続いて三味線6ページ、太鼓4ページ、篠笛2ページ、尺八2ページ

箏については、説明も奏法も私たちが小学校で指導している内容とほぼ同じ。
少し難しいかなって奏法もあって驚きましたが、

音楽の先生であれば短時間で習得可能ik_94 指導は十分できると確信しました。




2002年から実施されている中学校学習指導要領で、
学校によってやってもやらなくてもよかった 和楽器の学習が必須 になりました‼️

具体的には3年間を通じて1種類以上の和楽器を体験できるようにするというものです。
和楽器なので、箏だけに限りません。三味線、太鼓、篠笛、尺八の中から。

(教科書に載っている順番です)



教育委員会の担当の方、音楽の先生方はご存じのことですが、


和歌山市では子どもたちを含め
大多数の人がこのことを知りません。




明治以降、自国の伝統音楽を扱わず、西洋音楽に偏った内容を行ってきた結果、
日本の伝統的な音楽に触れる機会は作らなければほとんどないのが現状icon11icon11


日本の伝統音楽がすっかり教育の視野の外に置かれてしまったことが、
ようやく問題として認められた‼️
ということなんですが、



問題に気づかないふりをしている教育現場、問題ありますねicon10

こんなにいい教材があるのに、もったいないです。




↓ には、小学校の音楽科の次期学習指導要領改訂のポイントが紹介されています。


https://kids.gakken.co.jp/parents/news/corse-of-study29/
(URLをクリックしてご覧ください)



音楽科の重要な役割、和楽器の学習の必要性など、私の文章より専門的でわかりやすいですik_96


5、6年生でされているはずがほとんどの小学校でされていない和楽器の学習を3、4年生でされるものなのかface07




地域で郷土の伝統音楽を継承している団体などに指導してもらうことも解決のひとつでしょうが、
教員が日本の伝統的な音楽を教えることが期待されています


その通りだと思います。
ボランティアに任せるのは手軽ですが、単発で終わってしまうケースが多く継続は難しいです。

どうか授業に取り入れてくださいik_70音楽の先生方にがんばっていただきたいです‼︎
その気持ちは、和楽器の学習が必須になった2002年の中学校学習指導要領改訂から変わずっと変わりません。


そのためのご協力であれば、どんなことでもさせていただきます。




  

Posted by yururira at 12:33体験活動

2018年07月09日

過去の演奏動画♪

今頃ですがicon10こんな動画、じつはあったんですicon10


2016年度のこの事業では静止画像の動画を公開していたのですが、
やはり動画のほうが臨場感がありますか。(自分的には恥ずかしいものですik_85


先日、この動画の一部を某所に提出しました。せっかくなのでこちらでも公開しますね。




雨のち晴レルヤ https://youtu.be/aQfcwb1FVxg






  

2018年06月19日

☆けんぶん DE 体験教室☆

箏(こと)・尺八体験教室   受講者募集!!  

箏(こと)は「さくら」 を弾けるよう♪ (うまくいけば合奏まで^^)
尺八は音を出せるよう♪ ご指導いたします。


日時 : 2018.9.30(日) ①13:00~ ②14:00~ 各40分
場所 : 和歌山県民文化会館 会議室
対象年齢 : 7歳~
参加費用 : 無料
募集人数 : 各10名 


※事前予約のみです! お早目にお申し込みください。








・触れてみるだけでなく、じっくりと体験してみたい方
・箏や尺八を習ってみたい方(体験レッスンとして)

いかかでしょうか。


もちろん、触れてみたいだけの方もお気軽にどうぞ!






ik_14お申込み先ik_14


〒640-8269 和歌山市小松原通1-1
和歌山県民文化会館内 けんぶん DE 体験教室係

電話 : 073ー436-1331/Fax : 073-436-1335/メール : wacaf@wacaf.or.jp


氏名・住所・性別・ 性別・年齢・希望教室・希望時間 をご連絡ください。



※教室は複数受講可能。定員になり次第締め切ります。



  


Posted by yururira at 20:43体験活動

2018年06月18日

ふれてみよう!こと・尺八 楽器体験♪♪

箏・尺八に分かれて、それぞれの楽器を体験していただきました。






尺八体験


一本一本殺菌・密封の尺八を今回は70本ご用意しました。



トランペット・クラリネットご経験の男性。尺八は鳴らなかったそうです。
中央の男性は箏がとてもお上手でしたが、尺八はいかがでした~?
右から二人目の女の子は遠く貴志川町から参加してくれました。


右の女の子は一人で参加。一番最初に申し込んでくれました。
お席は一番前。箏を一度弾いてみたかったそうです❢


左の女の子とお母様は海外在住で、たまたま帰省中だということでした。
女の子は帰りに楽しかった~♪と言ってくれました。
中央の男性は、尺八に関心をお持ちの方で、音が出た!とおっしゃっていました。





箏体験


箏は10面用意し、『さくらさくら』 を練習しました。




初めてとは思えないですねik_729月から始まるイベント、さっそくご予約いただきました。
後列の女の子は先日ご紹介したお姉ちゃんのために・・・のご姉妹です。また来てね♡
前列左の女の子はおばあちゃまとご姉妹で参加されました。


皆さんお上手ですik_72



手前の白いお洋服の方、とても素敵にキマッていますicon12
中央の女の子は昨秋のコンサートに来てくれていました。『安曇野』 が気に入ったと感想をくれました♪



男性がこの中に3名。それが!!それが!!皆さんとてもお上手なのです。
前列のお二人はご夫婦で参加してくださいました。
後列中央の女性は箏経験者の方です。尺八に関心がおありとか。尺八いかがでしたか~?



右の方、子どもさんもお申し込みでしたが、当日はお母様のみ参加。
箏も尺八も自ら楽しまれていました。9月から始まるイベントのご予約いただきました。




体験の写真ですが、それぞれ記念写真をスマホで撮られていました。
一部の方に見せていただいたのですが、とてもよく撮れているんです。

こちらには体験の写真があまりありません。よかったら送ってください(^^)





最初、男性方は箏体験には抵抗があるようでしたが、


ギターを経験されている男性方が、(同じ弦楽器だからでしょうか)果敢に挑戦され、
それを見ていた方がせっかくだからと恥ずかしそうに箏の前に座る。でも、いざやってみると
ハマってしまう面白さだったようで(^^♪ それからは次々に体験されていましたよ~!

体験していただけてほんとによかったですface05



今回は楽器や歴史的背景の説明の時間が取れなかったのですが、


箏(こと)は元々は男性が奏でていた楽器です。今も男性の奏者の方たくさんおられます。
尺八も女性の奏者が大活躍の時代です。

男性が箏、女性が尺八 何の不思議がないことを最初にお話しておけばよかったですね>_<





いただいた感想の中から一部ご紹介させていただきます。



・今日は大変良い体験をさせていただきました。
ことも尺八も手にするのが初めてでしたが、ことはとっても気持ちよく音が出るので嬉しくなりました。
尺八はむつかしいです。「力を入れないで」と言われましたが、つい力んでしまいました。
今日半日でしたが大変たのしかったです。

・おことがたのしかったです(^^)でもしゃくはちはあまり吹けませんでした(T_T)でもたのしかったです(^^)
またおことをやりたいです!!おもったよりもたのしかった!   (子ども)

・すごくたのしかったです。またきたいです。  (男の子)

・ピアノやリコーダーとちがった音の良さが体験できて楽しかったです。

・おことがうまくひけました!!とてもたのしかったです。
また9月も楽しみにしています。

・70才を過ぎてはじめてオコトを経験させて頂きありがとうございました。うれしかったです。
私用で少し遅れて参加させてもらったが、最後にオコトと尺八の音色を聞かせてもらい
うれしかったです。とっても気持がおちつきました。

・いい機会をいただきありがとうございました。尺八、音が出まして良かった。
楽しい時間をありがとう。

・今日は有難うございました。楽しかったです。
今回のような企画があれば、次回も参加したいと思います。

・文化の継承を長く続けてください。素晴らしい音色に感動致しました。
又、継承する事の大切さを学びました。ありがとうございます。






私たちこそ皆様とご一緒できてとても楽しかったです。ありがとうございました<(_ _)>



ik_48日本の文化と心を次世代に伝えていく活動ik_48 改めて、今の時代に必要だと感じました。


また、ぜひ、お越しください(^^)/ 





和の音 Facebookページ  → https://www.facebook.com/pwanone/


  

Posted by yururira at 22:16プロジェクト和の音体験活動

2018年06月17日

ふれてみよう!こと・尺八 開催しました♪

本日、河北コミュニティーセンター2F多目的ホールにて、
わくわく体験♪2018 ふれてみよう!こと・尺八 を開催しました。


参加人数は53名。うち子ども19名。
お越しくださった皆様、ありがとうございました<(_ _)>



ik_48日本の文化と心を次世代に伝えていく活動ik_48


として、


ik_48演奏(エトピリカ/さくら幻想曲)
ik_48箏・尺八楽器体験


の他、大人と子どもの交流を目的に、


ik_48和歌山にちなんだ童謡《まりと殿様》を1番〜5番まで箏の伴奏に合わせて一緒に歌う
ik_48昔懐かしい手遊び☆《お寺の和尚さん》昭和バージョンと平成バージョン
ik_48今どきの脳トレ☆《もし亀》に合わせてグーパー体操


などをプログラムに入れ、盛りだくさんの内容でした。



会場内は笑顔!! 笑顔!! face02face02

子どもから大人までご参加の皆様に楽しんでいただけた様子でよかったですicon14icon14
私たちもとても楽しくて、あっという間に時間が過ぎた感じです。





真剣に演奏を聴いてくださっています。





エトピリカ



まりと殿様 箏の伴奏に合わせて歌唱指導。



皆で歌いました。まりは最後何になったでしょうik_19もうおわかりですねface02



アルプス一万尺 子どもたちが披露してくれましたik_72とても真似できませんicon10




手遊び^^



皆様ご一緒に!!



資料を見ながらグーパーの説明をしています。



もしもし亀よ~亀さんよ お手本を見ながら、皆でチャレンジ!!!



さくら幻想曲 後列の方に見えるようにステージで演奏してほしい!とのリクエストで急きょicon10





さくら幻想曲 聴いてくださってありがとうございます<(_ _)>


全体の体験風景です。




子どもたちは予想通り!手遊びをよ~く知っていました。
パパ・ママになるまで忘れないでほしいです。
大人の方々は懐かしく思い出されている様子でした(^^♪



今日のイベントの内容は、ご家庭に持ち帰っていただけるよう資料にしましたので、
ご家族のコミュニケーションに繋がれば!と思いますface05



こういった感想をいただいています。




・皆で和楽器に触れて、コミュニケーションもできて、良い時間を楽しみました。

・楽しかった。知らないことも学び、交流会もできて感謝です。

・資料を参考にさせてもらい、手の指、頭の体操に役立ててみたいです。
お知り合いの人にさそわれて参加させてもらい、とってもよかったです。
?(←読めない)ともに感謝の気持です。ありがとうございました。





こちらこそ、ありがとうございました<(_ _)>


私たちのコンサート等にお越しくださるリピーターの方々、活動の後押しをしてくださる地域の方々
をはじめ、イベントの主旨にご賛同くださるすべての皆様に心から感謝申し上げますik_48

また、若い世代を含む和の音色を愛する方々の存在はとても嬉しかったです♡
いらっしゃるもんなんですね~!!



本日ご参加の皆様お一人お一人の心の中に何か残るものがありますようにicon12




楽器体験の様子は次の記事でご報告させていただきます。





和の音 Facebookページ  → https://www.facebook.com/pwanone/






  

Posted by yururira at 21:42プロジェクト和の音体験活動

2018年04月27日

手遊び

次のイベントは、プログラムの中に、ik_48わらべ歌手遊びik_48 を入れています。


古臭いかな~icon10と思った手遊びですが、
意外や意外!!子どもたちはよく知っていますface08


今でも保育の現場で取り入れられているそうで、、
世代を超えてあそび継がれていると知り、ホッとしたような気持ちです(^^)

介護の現場でも利用されているそうで、なるほど!と思いました。




乳幼児には

・手を動かすことで脳の発達を促す
・リズム感を養い、言葉を覚える(数を数えられるようになる)
・子どもとのスキンシップやコミュニケーションがとれる
・歌う楽しさを知る、表現力が身につく


高齢者には

・手指の運動としてリハビリ効果がある
・手先や頭を使うことで脳を活性化させ認知予防に役立つ




母から教わった手遊び、子育て時代になんとな~く子どもと一緒に遊んでいましたが、
こんな効果があるのなら、もっとやっておけばよかった>_< なんて思うのは私だけかな^^;






私が知っている(聞いたことがある)ものを挙げてみます。



ちょちちょちあわわ
一本橋こちょこちょ
とんとんとんとん髭爺さん
 〃(アンパンマンバージョン)
ぐーちょきぱーでなにつくろう
大きなくりの木のしたで
パン屋さんにおかいもの
げんこつやまのたぬきさん
いとまきのうた
手をたたきましょ
アルプス一万尺
ずいずいずっころばし
落ちた落ちた
おべんとうばこのうた
みかんの花咲く丘
十五夜さんのもちつき
お寺の和尚さん
 〃(平成バージョン) 
せんべいやけた
おちゃらかほい
ひらいたひらいた
でんでらりゅうば
あがり目さがり目
茶摘み
にらめっこ
ちゃちゃつぼちゃつぼ
こぶたぬきつねこ
むすんでひらいて
幸せなら手をたたこう
あたまかたひざポン
カレーライスのうた

・・・・


ご存じのものいくつありますか~?



どれをやるかはまだ未定なのですが、少し高度なことにも挑戦してみましょうか(^^♪



大人は懐かしいik_48子どもは新鮮icon12
そんな楽しい交流の場になれば!と考えています。



手遊びを考えた人はすごいですね!ぜひぜひ、後世に残していきたいものです。




  

Posted by yururira at 08:45体験活動

2015年11月05日

一人でも!の想い

先々月になりますが、教室の方にも I 小学生の女の子が体験にきてくれました。


和のモノに関心があり、神話や歴史の本もよく読んでいるということで
お箏の説明を興味深く聞いてくれました。


「お箏ってね、ある動物の形をしています。なんだと思う?」
普通は 「う~ん??」 なんて、ちょっと考えてくれてる間に

「想像上の動物だから、本物はだれも見たことない...」 とか
ヒントを出したりするんですが、

その前に、彼女は即答で 「ワニ!!!」

ははっ(笑)そう見えた? 可愛い❤️可愛すぎる!
正解は、竜なんですが、ワニにも見えますよね。







子どもの発想って、なんて自由なんだ!


だからこそ、一人でも多くの子どもたちに体験してもらいたいです。
お箏に限らず、いろんな体験をさせてあげたいですね。



今日の体験、一生心に残るといいなぁ〜♪


体験を終えて、私がお母様とお話している間も、黙々と一人で練習していましたよface05



  

Posted by yururira at 10:15お琴教室体験活動

2015年08月21日

留学生の皆さんの感想が届きました!

和歌山大学 国際教育研究センターでの日本文化入門の授業

留学生の皆さんの感想をいただきましたので、その一部をご紹介させていただきます。







(原文から抜粋しました)


・二人の先生の演奏は非常に美しいと思います。自然的な音が好きな私にとって最高な体験でした。

・先生はやさしく、内容もおもしろい。曲がすごくきれいだと思う。
 将来、尺八と琴をちゃんと勉強するつもりだ。尺八と琴の配合はすごくいいと思う。

・琴と尺八はどちらも日本の伝統文化の中で大切な宝であります。
 自分の国に帰ってもこの素晴らしさを周りの人々に伝えたいです。

・最初に先生たちが演奏した楽曲に本当に陶酔しました。
 そして私はずっと情熱大陸を見ていましたから最後にこの番組の主題歌を
 琴と尺八で演奏されるのを聴いて本当に感動して鳥肌が立ちました。

・先生がひいている曲を聞いて心が和んでいます。それは音楽の魅力だと思います。
 「桜」という曲は小学生の時音楽の授業で学びました。その時は中国語で歌いました。
 もう一度日本で聞いて懐かしかったです。
 尺八は音を出すのは本当に難しいです。機会があればもっと尺八を学びたいです。

・美しい音楽が教室の中に流れていてすばらしかったです。
 最後、授業が終わった時、先生が涙がこぼれていた姿を見て、私も感動してたまらなかったです。

・音痴である私は音楽に興味がなかったが、思ったよりおもしろかった。
 伝統的な音楽は本当にいい音がします。このようなすばらしい音楽が聞ける。
 本当にありがとうございました。
 最後に先生が泣いたのを見てびっくりしました。
 私たちの心を癒される先生が泣くのをは理由がわからない。心配してしまいました。

・はじめてのコトプレイではなかったんですが、はじめてそこまで感動しました。
 歌がとてもきれいでした。目を閉じるとどこかとてもすてきな場所にいるようでした。
 こんなすてきなサウンドを聞かせてもらって本当にありがとうございました。

・授業が終わった後、箏の先生にお礼を言いました。先生は泣いていました。
 彼女はきっと心から箏のことが好きだと私はそう思った。

・日本で琴や尺八を体験したことはすばらしい気持ちを感じます。
 先生たちは私たちにたくさん楽器を準備してくれてとてもうれしい。
 ほんとうにありがとうございます。

・琴の美しい音と尺八の深い調子に感動しました。素晴らしかったです。

・授業で琴と尺八が勉強できるのを知って本当にうれしかったです、先生たちの演奏を楽しんでから
 おじいさんを思い出しました。おじいさんは伝統的な楽器の音が好きですから、
 自分のそばにおじいさんがいると感じました。
 そして、聞いていた時おだやかな気持ちを感じていました。

・しゃくはちとおことの演奏はとてもよかったです。初めて伝統的な日本音楽を生演奏で聞いて
 本当に大好きです。あと自分がやってみるのがすごく面白かったです。

・私は尺八が大好きだ。尺八の音の出し方は難しい。綺麗な音が出るまでに練習が必要だ。

・実際に体験してみると大変なことが分かった。琴と尺八の演奏者はえらい人だと思う。
 その授業のおかげで日本の伝統的な楽器に興味を持つようになった。
 面白くてメロディーがきれいな楽器だから。

・またこのような機会があればその時は両方上手になるまでもう一度やりたいと思う。

・トランペットのように鉄で作られた物より自然の物でできた楽器の音は、とてもすばらしいです。
 聞くと落ち着くような気がしました。とても好きです。

・琴と尺八に関する授業は実に印象的だった。先生たちの演奏を見たらかなり感動した。
 ほかの楽器に比べて、琴と尺八は自然な音が残される。
 自らやったら非常にむずかしい感じがあった。ですから、先生たちのことを尊敬した。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



日本語で書くことが難しい留学生もあったということですが、
皆さん、ぎっしりたくさんの感想を書いてくださいました。


その感想とお礼を私もお伝えしたいと思います。



まず、驚いたのは、字がとてもきれいで、文章がしっかりしていて、
難しい漢字がたくさん使われていることです。
これだけ長い文章で感想をいただけるとは思っていなかったので、
皆さんの気持ちがよく伝わってきました。


それと、全員の方が、演奏について、体験について、授業について、
大学に来てくれたことについて、楽器をたくさん用意してくれたことについて
どれかで必ずきちんとお礼や感謝の気持ちを伝えてくれています。
礼儀というんですか~人として大事なこと、日本人が忘れかけていることを、
学生の彼らはちゃんと身につけている!!見習うべきことだと思います。


それともう一点、ほぼ全員の方が、機会があれば、もっと学びたい、勉強したい、
勉強になった、面白い、両方上手になるまでもう一度やりたい・・・と
とても前向きで、意欲的な気持ちをもってくれていたことがわかり、とても嬉しかったです。





半数の方が、もうすでに帰国されたそうです。



皆さんに逢えてよかった~♪
私たちこそ、こんな素晴らしい体験をさせてもらえて、ほんとにありがとうございました<(_ _)>







先生が泣いてしまって、心配してくれた人もあったみたいで、ごめんなさい。

日本には 一期一会 という言葉があります。
授業が終わってホッとしたとき、その言葉がふと頭をよぎりました。

皆さんと会えるのは、この一回しかないかもしれない。
だからこそ全力で臨みました。

結果、自分が想像していた以上のものが皆さんから返って来て、それに感動し、
次にもう二度と会えないと思うと涙になってしまったのです。




2015.6.1 のこと、忘れません!
皆さんの心の中にもいつまでも残っていますように
ik_48








感想を送ってくださった大学の先生にも、心からお礼申し上げます<(_ _)>

コピーではなく原本だったことに感激しましたik_48




  

Posted by yururira at 16:29体験活動

2015年06月03日

「さくら」はやっぱり日本を代表する曲!

質問コーナーでは、質問のほかに感想ももらいました。

逆に、私からも質問。
「さくらの曲はどこで知りましたか?日本に来てから?」


そこで、K先生からの 「さくらを歌ってあげたら?」 との提案があり、

私がさくらをお箏で弾きながら歌う そんなハプニングも!
さくらなんて歌ったことない^^; 暗譜で弾いたこともない^^; 

ちょっと焦りましたが~~


「あってましたかぁicon10」 の問いかけに、笑い声と大きな拍手。

とても和やかなムードの中、授業を終了しました。



この日のことが、皆さんの記憶の中にいつまでも残っていますようにik_48
お箏と尺八のよいイメージを持ち帰ってもらえたらいいな~と思います。


皆さん、お元気で! 楽しい時間をほんとうにありがとうございました。

大学の担当の先生にも大変お世話になり、心からお礼申し上げます<(_ _)>





 


こんなお土産を持参しました! 

読売新聞社の 額絵シリーズ 228×352mm  
『 歌川広重 東海道五十三次 』 『巨匠たちの富士』

1セット2~4枚入っています。


皆さん好きなのを選んでもって帰ってくれました。


  

Posted by yururira at 09:23体験活動

2015年06月02日

90分の授業で

ご挨拶、自己紹介のあと


まずは演奏





留学生の皆さん、最後までずっとこんな感じで聴いてくれました。

それぞれスマホでビデオ撮影してくれてたみたい^^;
あとで、そのことをニュース和歌山の記者の方が教えてくださいました。

どうりで!スマホがたくさんこっちを向いてたわけだik_40
 


楽器説明



  (その間に私は体験用に調絃icon10




私の日本語、伝わったかしらicon10とちょっと心配しつつ、

次の体験に移ります。




尺八体験







尺八は、都山流本部からお借りした一本ずつ殺菌・密封された体験用尺八を使っていただきました。
音を出すことが難しい尺八に、真剣に取り組んでくれていますね。
私は、お箏のほうに手一杯で、様子は写真からしかわからないんですが、

あとの質問コーナーで、尺八についての感想や質問を聞いて、熱心さが伝わってきました。




箏体験



  (担当の先生は、偶然ですが、お箏の経験者。助かりました!)




さくらさくら を4小節、皆さん弾けましたよ。 すごい!
全員がさくらの曲を知ってたことには驚きましたface08

日本で知ったのではなく、自分の国で勉強してきてるそうなんです。 素晴らしいですね。
あとの質問コーナーで、そのことを知りました。




皆さんの真剣さに心を打たれました。

楽しかった!もっとやりたい! そう言ってもらえて、やりがいを感じました。





つぎに、続く・・・





  

Posted by yururira at 19:32体験活動

2015年06月01日

和歌山大学で授業をしました♪

留学生を対象とした日本文化の授業で、


箏・尺八の演奏、楽器の説明のあと、
実際に一人一人楽器に触れていただきました!






日本を代表する名曲『春の海』
和歌山ゆかりの『まりと殿様』
世界的に有名なヴァイオリ二スト葉加瀬太郎さん作曲の『エトピリカ』


を演奏しました♪








異文化を学ぶ、意識の高い留学生の皆さんの一生懸命さに感動しました!


最後に、精一杯の日本語で感想をもらって、、、一気に涙があふれました。






皆、素敵な笑顔ですね(*^^*)



今日の感激を一生忘れません。 皆さん、ありがとうございました<(_ _)>




体験の様子はまた明日、ご報告しますねー!




  

Posted by yururira at 20:22体験活動

2015年04月20日

体験会の感想をご紹介します。

感想だけでなく、連絡先、お名前まで! 



常連様を除く、ほぼ全員の皆様がこれからのイベントの案内を希望されています。
ほんとにありがとうございます<(_ _)>





・感動 100%
 又、機会があれば聞いてみたい。


・尺八のイメージは、父が吹いていた野太い音しか知らないのですが、
 繊細でやさしい音がとても印象的でした。
 又聞かせてください。


・それぞれの音色も素敵ですが、合わさった時にさらに素敵な音色になって
 とても魅力的でした。
 ことの流れるような音色がとてもリラックスできて良かったです。
 また違う曲も聞いてみたいです。


・ よかった。(小学生 妹ちゃん)


・どの曲も印象に残りました。
 すごく綺麗な音でびっくりしました。(中学生 お姉ちゃん)


・すばらしい演奏でした。
 家の近くで聴けて、たのしいひとときをありがとうございました。
 またの機会をお待ちしています。


・春の海―のどかな新春の風景を思い出しました。
 まりと殿様―由来を聞いて気持ちがほんわかしました。
 壱越―リズムがあって現代的


・とても感動しました!ありがとうございます。
 説明も聞いて勉強になりました。


・楽しい一刻でありました。有難う御座居ました。
 砂漠の中のオアシス的な存在になってくれることを願います。
 感謝を込めて一筆献上致しました。


・初めて箏の体験をさせてもらい、非常に勉強になりました。 
 ありがとうございました。


・琴にも尺八にも縁がなかったのですが、
 どちらもきれいな音でとても気持ちが良かったです。
 用事で最後まで聴けず、15時退出になり残念です。(まだあったでしょうが。)
 5月・楽しみです。







実際に楽器を体験することで、
これまでよりもっと身近に感じていただけるかと思います。


これを機会に、お箏・尺八を聴く機会が増えたり、

お箏・尺八もなかなかいいな~なんて邦楽を見直すきっかけになるといいです。




素晴らしい演奏なんて、とんでもないです!!
でも・・・それでもお一人お一人の心に届いたことが嬉しくて!
感想を読ませていただいて、私たちの方こそ、感動icon12しました。



このお返しは、必ず!

苦手な人前での演奏を克服して、魅力的な演奏ができるよう精進します。



また機会がありましたら、ぜひ聴きにいらしてくださいね(^^♪




  

Posted by yururira at 11:58体験活動

2015年04月19日

ゆるりら初の試み!楽しかった~~♪

紀の国住宅様の展示場をお借りして 

≪琴・尺八ミニライブ&楽しい体験会≫ を開催しました。







第一部 ミニライブ



演奏曲目

春の海/幻想曲 まりと殿様/壱越(第一楽章)/雨のち晴レルヤ





第二部 箏・尺八体験




中には尺八をされてる方もいらっしゃるface08 ゆるりらファン Sさまも!



お箏の体験をご希望でしたが、尺八もぜひ!ということで。



親子で初体験、嬉しいです。さくらさくらがすぐに弾けましたよ。



初めての方も!何十年ぶりという方も!
最初は抵抗がおありだった男性方も、次々挑戦されました。



和やかなムード。顔を隠すのがもったいないくらいの笑顔です。





私たちのコンサートやおさらい会に来てくださるお客様は、最高に素敵な方々ばかり。 
笑顔!笑顔!なんです。

15名の皆様、今日はほんとうによくお越しくださいました<(_ _)> 


このひとときが楽しい時間であったり、
初めて楽器に触れる方にとって貴重な体験であったならicon12



残念ながらお仕事で来れなかった男性の方からも、朝から激励のメールが!
とても嬉しかったです(^^) 

25日の個別体験レッスン、楽しみにしていますね♪




皆様、ほんとうにありがとうございました!   


  

Posted by yururira at 21:30ミニコンサート体験活動

2015年04月03日

箏・尺八の体験型ミニライブ♪ のご案内

リビング和歌山には、もう告知されたみたいなので、こちらにも!


春の無料体験月間に合わせて企画しましたik_48







関心があっても、個人宅にはなかなか行きづらいものですよね。

習う気のない方にも、実際に楽器に触れていただけるよい機会だと思います。



私たちのやろうとしていることは普及ではなく、たくさんの人にお箏・尺八を知ってもらうこと!

無料、持ち物なし!  身軽、気軽にご参加ください。  



予約は、コメント、メッセージからでもOKで~す。  お待ちしていますface05





  

Posted by yururira at 15:47体験活動

2015年03月11日

大学で日本文化の授業

6月に留学生を対象とした、ひとこま90分の授業をさせていただきます(^^)


異文化交流はやってみたかったことのひとつでしたが、
授業なんて思ってもいなくてface08 えっ!?いいんですか~みたいな。


箏・尺八をアピールできる機会をいただけて、とても嬉しいですik_48



平日の火曜日が留学生がいちばん多く集まるということでしたが、

K先生のお店 の定休日の月曜日に行ってきます。


授業をとっていない留学生にも声をかけていただけるそうなんですよ。




わくわくしていますik_83  ふたりで力を合わせて取り組みたいと思いますicon22




  

Posted by yururira at 09:57体験活動